dima
  • [NEW] ANDY MÜLLER’s Tokyo Exhibition Booth 2018.3

    東京都江東区
    2018年3月 竣工
    設計:小坂田雄介
    施工:ビジネス・アート
    撮影:小坂田雄介

    これまでジュエリーとしての真珠を扱ってきたHINATA Tradingが真珠貝の新たな側面をプロデュースするにあたって出展した展示会のためのブースデザイン。
    自然の貝殻の表情をそのままに、職人の手による高精度な加工や高級感のある質感を、空間が背景となりながらもその全体で表現できるよう心がけた。
    一方で、まだほとんど認知されていないブランドのブースにより多くの来場者を引き込むことを意図して、会場のメイン動線となる方角に向けて斜めの軸を用い、その特別な壁のさらにその内側に展示台を設けることでダウンライトによって商品の光沢感を美しく際立たせるよう配慮し、上質な空気感と導入しやすさを共存させた。