dima
  • [New] House-H

    一戸建ての住宅・3階建て・鉄筋コンクリート造
    愛知県名古屋市
    2019年3月 竣工
    意匠設計(共同設計):今津修平+小坂田雄介+北川浩明
    構造設計:tmsd 萬田隆構造設計事務所
    撮影:小坂田雄介、北川浩明

    夫婦と今はまだ幼い2人の子どものための住宅である。
    道を挟んだ隣地が数メートル上にあるなど高低差の激しい地域にありながら、敷地そのものはほとんど平坦で、周囲は専用住宅やマンション、アパートのほか、料亭なども入り乱れる古くからある街で、それほど広くない道がグネグネと行き交っている。
    敷地の北側と南側がそれぞれ道に面し、東西の両側はすぐそこまで隣家が迫るという環境にあって、クライアントが強く求めたのは風水を考慮することと、プライバシーとセキュリティ──すなわち外に対して過剰に開かないことであった。そうした場合プランを中庭型にしたくなるところだが、風水の考え方では建物中央部の欠けは特に禁忌とされているため避けねばならず、2階の大部分を占めるリビング・ダイニングルームをいかに閉塞感のないようにするかが課題となった。

    ここでは、3層を貫く階段室の2階・3階部分にわたって大開口を設け、通常は家の奥にありがちで表舞台にならない単純な垂直動線の空間をライトボックスとして扱うことによって、建物の奥まで間接的に柔らかな自然光を行きわたらせつつ、リビング・ダイニングルームからは同じ屋内でありながらも「向こう側」を感じられるような構成とすることで空間に奥行を与え、その問いへの解答とした。