#Room307 (Rikyumae)

#Room307 (Rikyumae)

住宅(集合住宅) 鉄筋コンクリート造マンションのリノベーション
兵庫県神戸市
設計:小坂田雄介
施工:ムサシノ建築工房
ファブリック:Risabraire
植栽:Lunca Plants
ペイント:Yusuke Tsuruki
撮影:小坂田雄介

自宅兼仕事場となる築37年のマンションの一室。
この物件から南は隣の建物越しに大阪湾や海をゆっくり移動していく船、その向こう側に紀伊半島が見え、時折飛行機が空を横切っていく。北側は公園の樹木の向こうに山の深い緑が見えている。そういった「自然」と「人工物」の心地よい混ざり合いをこの約50㎡の空間にも導入することで、周辺環境との連続性を与えながら、場所のコンテクストを受容し未来に繋ぐ器にもなり得ると考えた。

ここでは、様々なテクスチャと時間軸を重奏させながら、ユニークでありながらも生活の背景に馴染む単純さを試行した。

具体的にはラワン合板を貼った木の垂直面要素を玄関からキッチンにかけて配置することで、外部(街)/内部(住空間)の干渉空間を演出するとともに、LDKに露出させた躯体コンクリート壁や梁の描く建設時の時代背景を思わせる不均一な深みをもった荒々しさと、新たに挿入する平滑で白い壁や天井面といった相反する性質を媒介する要素として、オーク材のフローリングとあわせて木という変化していく素材の特性を活かしている。

プランはかつて3DKに細分化していた間仕切壁をすべて撤去し、新たに南北に抜けるパブリックとプライベートの動線を並行させ来、客を想定したソーニングを行いながら、それらが光と風の通り道となることで自然を内部に取り込み、周辺環境と連続することを目指している。